会社にバレずに株取引をするためには?

最近では株取引を行って副業として稼いでいる社会人の方も多くなってきましたが、これから始めることを検討されている方や、株取引を副業として始めたばかりという方は、会社にバレてしまうのではないかと心配される方もいるでしょう。
そこで、会社にバレることなく株取引で副業を行う方法と、確定申告が必要となるケースについても紹介していくので、そちらを把握しておくと良いでしょう。

まず、株取引は前提として副業とはみなされていません。
理由としては、投資や財産と考えられているためとなります。
そのため、株取引で副業を行っていることが会社に万が一バレてしまった場合でもこちらの理由で説得させることも可能、ということを覚えておきましょう。
バレてしまったことで懲戒免職になった場合でも、こちら側に非はないため、訴えることもできます。

ただ、会社に居づらくなるのが嫌という方は、会社にバレてしまわないように注意する必要があります。
バレてしまう原因としては、確定申告となりますが、他にもパソコンやスマートフォンで取引しているところを見られてしまうと会社側でバレてしまいます。
そちらのリスクを避けるためには、会社で株取引を行わずに、会社の外で行うようにしていきます。
会社の外でも、取引しているところを見られてしまう可能性もあるので、自宅だけで取引をすること心がけると安心できるかと思います。

会社に副業をしていることを知られてしまう原因としては、主に確定申告となり、申告をすることで税の通知などが会社に送られてしまうためとなります。
通知させないためにも、申告書の書き方にも注意しなければなりません。
申告書には税の徴収方法を選択できる項目があり、給与からの天引きと自分で納付の2つを自分で選択することができます。
こちらは自分で納付にチェックをするようにしましょう。
自分で納付にチェックをすることによって通知が送られることはありません。
ただ、自分で住民税を支払うことになります。

副業で確定申告が必要な場合は?

株取引の副業がバレてしまう原因としては、主に確定申告となるので、どのくらい収入を得てしまうと確定申告が必要になってしまうのかも把握していたほうが良いです。

まず、社会人ですと、一年間で20万円を超えた場合に確定申告をしなければなりません。
確定申告をしなければ会社にバレることはないのではないか、と考える方もいますが、収入が20万円を超えてしまった場合に確定申告をしないと脱税となってしまい、後で延滞金と共に請求されることになります。
20万円を少ししか超えていないから大丈夫と考える方もいますが、確実に税務署に知られてしまうことになるので、きちんと確定申告を行うようにしましょう。

会社員以外の専業主婦や学生などの主な収入が無い方ですと、20万円ではなく38万円を超えた場合に確定申告が必要となります。
確定申告の時期が近いという方で、社会人の場合は20万円を超えないようにすることで申告をしなくても大丈夫となります。
社会人以外の専業主婦の方などは38万円を超えないようにすることで申告はしなくてもよくなります。

確定申告は会社以外の収入が発生した場合に自分で行わなければなりませんが、逆に損益を出してしまった場合は確定申告をしなくても大丈夫となります。
ただ、損益を出した場合は申告をしなくても大丈夫ですが、申告をしたほうがお得となります。
理由としては、次の年の確定申告の際には前年の損失も計算して申告をすることができるため、翌年の税を軽減させることが可能となります。
ただ、手続きが手間に感じてしまう方や、会社にバレたくないという方は申告をしなくても良いので、損益を出してしまった方はそれらを合わせて検討してみるようにしましょう。